これまでのキャリア

1998年 大学修了後、IT企業に就職。C++をベースとした組込み系の案件に従事していた。
2011年 プロジェクトマネージャを目指して、コムコシステムに転職。現在に至る。

現在の仕事
組織力の強化に向けたメンバー育成に注力

航空会社のシステム開発案件で、要件定義・オフショア管理・各種成果物のレビューなど、上流工程に携わっています。またGMとしてWebソリューション事業部の人材育成や予算達成の施策を考え、実行する役割も担当しています。特に今は、組織力の底上げのために、後進の育成とチーム力強化に注力しています。

大切にしているのは、人とのつながりです。ここまで順調にステップアップできたのも上司や先輩の支えがあったから。だからこそ、私も入社以来、教わってきた技術やノウハウを後輩や部下たちに伝えています。その結果、人材が育ち、新たな案件を受けるなど、当社の担当する業務を拡大できた時が、最もやりがいを感じる瞬間です。メンバーに仕事を任せられるようになるなど、成長を感じることが仕事をする上で励みになっています。

職場環境
社員自ら職場環境を改善

コムコシステムは、大手を中心に多くのSIerと取引しており、多様な案件に幅広いポジションで参画しています。そのため、個々のスキルに応じた案件を担当することが可能です。また、多くの関係者との出会いを通じて、様々な開発手法を学ぶことができるため、とても勉強になります。覚えなければいけない知識や技術が多いという苦労もありますが、その分、得るものも多く、成長スピードの早さを実感できます。

社内の雰囲気は、一言で言うと“活発”です。社員が自らの手で働きやすい環境をつくるための様々な委員会があり、活発に意見を交換し、アイデア実現に向けて行動を起こしています。私自身も、教育制度や評価制度の整備など、働きやすい環境づくりに取り組んでいます。社員が自発的に行うイベントなどもあり、交流が盛んですので、一緒に会社を盛り上げていきたいという方にとって馴染みやすい環境になるはずです。

コムコシステムに入社を決めたわけ

マネジメントスキルが身に付く環境を探していたため、コムコシステムはプロジェクトマネジメントに力を入れている会社だと転職エージェントから聞き、興味を持ちました。特に、面接時にマネジメントコースがあることを知り、気持ちが高揚したのを覚えています。また、面接で「実力成果主義」だと説明を受けた時には、社員のレベルが高そうで、やっていけるか不安に感じましたが、レベルの高い仲間と一緒に切磋琢磨できる環境で自分を試してみたい、という思いもあり、転職を決意しました。

募集要項を見る